【一重さん向け】つり目メイクでカッコいいを叶えるコツ♪【アイシャドウ・アイライン】

一重流アイメイク

【一重さん向け】つり目メイクでカッコいいを叶えるコツ♪【アイシャドウ・アイライン】

つり目メイクは、かっこいい・強い女性像が作れるアイメイク方法♪ポイントはアイライナーで作る跳ね上げラインです。かっこいいつり目メイクの作り方を画像付きでお届けしますね。

「跳ね上げラインが難しい…。」
「グレーアイシャドウだと強くなり過ぎる…。」

といった悩みを、この記事で解決してつり目メイクを楽しみましょう。

つり目メイクが似合うシチュエーション

  • かっこいいイメージ
  • 強いイメージ
  • 中性的なイメージ
  • 目元が主役なメイクがしたい時

可愛いよりもかっこいいに特化したアイメイク方法。コスプレから、シンプルなファッションまで幅広く使えます。いつものアイメイクを変えたいという方にもおすすめ。

つり目メイクのポイントはアイライン

つり目メイク=アイラインといっても過言ではないほど、重要なポイントです。アイラインを跳ね上げさせることでインパクト大の印象的な目元ができます。

ブラックだとよりかっこいいイメージに、カラーアイライナーだとあか抜けた印象に♪

つり目メイクの手順

  • アイシャドウでアイラインの下書きをする
  • 跳ね上げラインを完成させる
  • 目頭にアイシャドウORハイライトを入れる
  • 下まぶたの際にアイシャドウを乗せる
  • 目頭にアイシャドウを乗せる
  • 涙袋にアイシャドウを乗せる

イラスト付きで紹介していきますね。

アイシャドウでアイラインの下書きをする

※ 赤色がアイシャドウ 黒色がアイライン ピンク色が涙袋アイシャドウです。

まずはアイラインの下書きをアイシャドウで描きます。いきなり跳ね上げラインを描くのは難易度が高いので、アイシャドウで目安を付けます。この時のアイシャドウは明るいブラウンなど、後に響かないカラーがおすすめです。

アイシャドウは目を開けた状態で

一重の場合「アイシャドウがまぶたで埋まる」問題があります。なので、目を開いた状態で「見える」場所までアイシャドウを入れてください。

跳ね上げラインを完成させる

アイライン

先ほど描いたアイシャドウよりも内側にアイラインを引きます。アイラインの色は、ブラウンやグレーがおすすめ。

アイラインの高さ

跳ね上げラインを描く時に「どこまで跳ね上げさせればいいのか」分からないですよね。コツは、目頭よりも、目尻のラインが上になる場所までがポイント。

図のオレンジ線のように、斜め上を意識して跳ね上げラインを作りましょう。

目頭にアイシャドウORハイライトを入れる

目尻に引いたアイシャドウと繋げるように目頭にハイライトORアイシャドウを入れます。一重の場合、目の上にまで濃いアイシャドウを入れてしまうと汚く見えてしまうので、薄い色を細く乗せることがポイントです。

下まぶたの際にアイシャドウを乗せる

下まぶたアイライン

アイラインではなくアイシャドウなのがコツ。アイラインを下まぶたにまで引いてしまうと「キツすぎる」「ケバい」印象になるのでアイシャドウをアイラインのように引きましょう。

目頭にアイシャドウを乗せる

目頭側にも目尻に入れた同じアイシャドウを入れます。コツは少量だけ。目尻・目頭にアイシャドウを入れることで、よりつり目が際立ちますよ。

涙袋にアイシャドウを乗せる

黒目の真下の狭い部分にハイライトを入れて完成です。



一重がつり目メイクをするコツ

  • アイライナーはグレー、ブラウン
  • アイシャドウはブラウン
  • 目頭、涙袋はラメや薄い発色カラー

アイライナーの色を選ぶコツ

一重がつり目メイクをする際、アイライナーが肝心!ただしブラックは絶対に避けてください。ブラックを使ってしまうと、きつすぎる、時代遅れ感が出てしまいます。ブラウンやレッド、カーキなどカラーアイライナーを使用するとGOOD♪

アイシャドウの色を選ぶコツ

アイシャドウも自然な立体感が生まれるブラウンがおすすめ。カラーアイライナーと合わせた色を使うのもアリ。

涙袋アイシャドウの色を選ぶコツ

上まぶたの目頭側や涙袋はナチュラルな色がおすすめ。ここに強い色を乗せてしまうと、せっかくのつり目効果が半減してしまいます。あくまでナチュラルに。色よりも質感にこだわるようにしましょう。

一重と相性のいいつり目メイク。かっこいいイメージにしたい時におすすめですよ。

関連記事

一重向け!アイメイク記事