お酒を飲むと顔が赤くなるはファンデーションで隠せるの?

プチプラコスメ

お酒を飲むと顔が赤くなるはファンデーションで隠せるの?

お酒を飲むと「ポっと顔が赤くなる」のは愛らしいですが、赤黒くなると「え?大丈夫?」と周りから心配されることもしばしば…。

お酒の席が増えるこれから、お酒で顔が赤くなるのをメイクで防止する方法を調べてみました。

ファンデーション厚塗りでごまかせる

私自身は、全く赤くならないのですが友達が、真っ赤になる体質。聞くとファンデーションである程度は抑えられるとのことでした。その方法がこちら。

  • リキッドファンデーションを塗る
  • コンシーラーを塗る

いつもより厚めにリキッドファンデーションを重ねることでお酒で赤くなるのを防げます。実際に友人がこれで対策していました。

目元など、ピンポイントでお酒で赤くなるのを防ぎたい場合はコンシーラーがおすすめ。目元ってもともとトラブルが多いし一石二鳥!

使っていたのはコレ


リキッドファンデーションなら、なんでもいいらしいです。ただ、念入りに叩き込むがポイント。

やっぱり完全には防げないけど気休めにはなるって!

顔が赤くなる原因ってなに?

アルコールを飲むと顔が赤くなるのは「アセトアルデヒド」という成分が原因。このアセトアルデヒドは肝臓がアルコールを処理した際に出来る成分。

アセトアルデヒドが多い=アルコールが分解しきれていないので、顔が真っ赤になってしまうメカニズムなんですって!

顔が赤くなるのは遺伝

遺伝が大きく関わっているらしく、飲んで鍛えるなどは考えられないようです。無理に飲んでもダメってことですね。また体の大きさ、構造から女性の方がお酒に弱いというデータもあります。

お酒は、ほどほどに楽しまなきゃね。