リアル一重的に一重×赤アイシャドウが可愛い理由♪

2020年9月25日

リアル一重的に、赤アイシャドウは一重にこそ似合うし可愛い♪
一重はアイシャドウを塗っても「え?意味ある?」と感じることが多々あるけど、赤アイシャドウは印象的な目元になれるので大好きなカラーです。

  • リアル一重的に赤アイシャドウをおすすめする理由
  • 一重さんが赤アイシャドウで悩みがちな点

を中心にお伝えしますね。

リアル一重的に一重×赤アイシャドウが可愛い理由♡

リアル一重がアイメイクで抱えている悩み

  • 地味顔
  • アイシャドウを塗っても自分のまぶたの肉で隠れる

一重×地味顔をカバーしてくれる♪

一重×赤アイシャドウ

リアル一重は一重+地味顔ということもあってか、とにかくメイクしても「あれ?アイシャドウどこいった」状態になりがちです…。
せっかく時間をかけてグラデーションをしたのに「意味がない」と絶望を覚えることが多々ありました。

そこで活躍するのが赤アイシャドウです。
赤アイシャドウは発色が強い色なので少量でもインパクト大!確実にメイクした感じが出せますよ。

一重×厚いまぶたをカバーしてくれる

リアル一重はまぶたが厚いのでアイシャドウ、アイラインが見えにくいという悩みがあります。
そこで赤アイシャドウの出番です!赤アイシャドウを目尻側を中心にON♪すると目尻側に視線がいくのか、ちょっと横長アイにしてくれますよ。

一重でアイシャドウが隠れる時は、目尻側に!はどのカラーでも鉄則ですが、特に赤アイシャドウの場合その効果が高いと実感しています。



一重が悩みがちな赤アイシャドウの悩み

派手になりそう
どこまで入れればいいのか分からない
どんなシーンにいいの?

赤アイシャドウは派手になりそう

一重×赤アイシャドウ

赤アイシャドウは色的に派手。なのでまぶたに乗せるのは苦手といった声が聞こえてきそう…。確かにインパクトのある目元になりますが、だからこそ一重に似合うとリアル一重は感じます。

元々、目元が寂しい一重だから赤アイシャドウが映えると思います。
また赤アイシャドウは特にテクニックがいらなくても「何かオシャレな目元」にしてくれますよ。

どこまで入れればいいのか分からない

一重×赤アイシャドウ
赤アイシャドウに限らず一重って「どこまでアイシャドウを入れるの?」「二重幅ってどこだよ!」と感じますよね。

結論から言うと赤アイシャドウを入れる場所は、目尻側の極めて狭いポイントです。目を開いた時にギリギリ見えるラインがおすすめ♪
さらに変にぼかさずに、そのままの発色を楽しむ方がリアル一重の鉄則!

どんなシーンにいいの?

一重×赤アイシャドウ

赤アイシャドウはお出かけ、デート、イベントに向いています。共通しているのは「いつもとは違うメイク」が簡単にできること。
代わり映えしないアイメイクを変えたい時にリアル一重は赤アイシャドウを取り入れています。

NGなのは仕事などのフォーマルな場面。確実に浮くしそぐわないので、やめておいた方が無難です。

一重こそ赤アイシャドウを楽しむべき!

一重×赤アイシャドウ
一重×赤アイシャドウは個人的に鉄則!絶対に一重だからこそ似合うカラーアイシャドウだと思います。インパクトに欠けるまぶたに赤アイシャドウがいい感じに働いてくれますよ。

春夏は明るめの赤、秋冬はバーガンディーよりの赤など使いわけることのもアリ。いつものアイシャドウに飽きた!という時は赤アイシャドウで印象的な目元を作りましょう。

一重におすすめのアイシャドウカテゴリー

一重×アイシャドウおすすめ記事

 

//人気記事のカウントを増やして保存 savePostViews($post->138); //記事のpost_idを引数に入れる ?>