イラスト解説!眉毛を描くには眉山と眉尻の高さを揃えるのがコツ

2020年5月2日

眉毛ってメイクの中でも特に難しいですよね。いつも「左右の眉毛の高さが違う…。」と感じていた私が発見した眉毛を上手く書く方法。それが眉山と眉尻の高さを揃える!です。

このポイントを守るだけでグっと眉毛への苦手意識が消えました。そんな私がイラストと共に眉毛の描き方について紹介しますね♪

この記事で分かること

・眉毛の整え方
・眉山の見つけ方
・眉毛の描き方のコツ

面長メイク!下まつ毛に力入れたら失敗した。下まぶたグラデーションが最高だった話。

眉毛の整え方!眉上は整えすぎない

眉毛 整え方 書き方 コツ

眉毛処理で失敗しがちなこと…。それが、眉毛の上を整えすぎて眉山を失ってしまうこと!
眉山がないと情けないスッピンになるし、メイクがしにくくなります。

気持ち程度に整えて、眉下を重点的に整えましょう。

眉毛の黄金比をガイドラインに処理をする

眉毛の黄金比に従って眉毛を整えます。眉毛の黄金比とはまゆげを綺麗に整える比率。これを守れば極端におかしな眉毛にはなりません。

言うなれば、まゆげのホームポジションですね。
剃りすぎて眉山が分からない。って時にきっと役に立ちます。そう、私みたいなね。

眉毛の黄金比で正しい眉毛位置を確認

・眉頭の位置
・眉山の位置
・眉尻

1 眉頭の位置は小鼻と目の延長線上!

眉頭を見失うことはないと思いますが、参考までに。
小鼻と目の端の延長線上が正しい目頭の位置です。

2 眉山は目尻の延長線上!

眉山は目尻を上に辿っていった点です。
小鼻の延長が眉山って聞いてたんだけど、正直、小鼻と眉山が離れすぎて眉毛を書くまでに眉山ポイントを見失うので理解できていなかったんです。

でもこの目尻からまっすぐ線を引いた箇所だと非常に分かりやすいです。

3 眉尻は小鼻、目尻の延長線上!

眉尻もムダ毛が邪魔をして、どこまで伸ばせばいいのか不明になりがち。
眉尻を伸ばせば伸ばすほどいいかな?と思って感覚的にラインを引いていたけど、完成形を見るというほど長くなくてもいいんだな。という印象です。

 

眉頭と眉尻の高さを合わせる!

え?ウソだろ??て思ったのがコレ!目頭と目尻の高さを合わせるらしい!
眉尻は目頭より下になるように心掛けていたのだが(笑)

信じられなくてさっきの図解でチェック!
青の線がそうです。ホンマに同じ高さやん!
この灰色で囲った部分に、いかに空間を持たせるか?がポイントなんだと悟ったよ。

まとめ

眉毛の黄金比をお勉強しました。
眉山を見失いがち。眉毛の上を剃りすぎない。眉頭と眉山の高さを合わせる。
を注意することで、私の場合は脱!ぼっさ眉毛を目指せそうです。

この点に気を付けてメイクした経過や面長さん向けまゆげの書き方も記事化しようと思います。
記事化できるようにメイク上手くならなきゃな。

その他の面長改善メイク記事はこちら

 

 

//人気記事のカウントを増やして保存 savePostViews($post->138); //記事のpost_idを引数に入れる ?>