コンシーラーの使い方が分からない!どんな肌悩みが解決できる?塗る順番をレポート!

ベースメイク

肌のシミが化粧下地やBBクリームで隠れない!なので、これはコンシーラーの出番なのではないか?と思い、数十年ぶりにコンシーラーを探し中。

  • コンシーラーってどう使うの?
  • どんな悩みが解決できるの?
  • コンシーラーを塗る順番

といった、コンシーラーの使い方が分からない自分が、使い方をレポートしました。

コンシーラーは肌悩みをピンポイントに解決

コンシーラーは肌悩みをピンポイントに解決

ファンデーションとは違う点。それは、ピンポイントに肌悩みを解決してくれることです。シミや目の下のクマ、小鼻の赤みといった、点をカバーしてくれますよ。

リキッドファンデーションを塗り重ねると、厚塗り感が出ます。…が、コンシーラーなら少量使いでいいので厚塗りになりません。ナチュラルに、自然に肌悩みをなくしてくれるんですって!

コンシーラーでシミ・そばかすを隠す方法

気になる箇所に、コンシーラーをON。周りを丁寧にぼかしていくのが、正しい使い方みたい♪一回で、肌悩みを解決しようとせず、何回も同じ工程を繰り返すことが重要です。

コンシーラーっていつ塗るの?順番は?

コンシーラーっていつ塗るの?順番は?

化粧下地→コンシーラー→リキッドファンデーションの順番。

コンシーラーで肌悩みを隠して、リキッドファンデーションで肌色を整えるというイメージ。youtubeの河北さんのチャンネルでお勉強しました。

コンシーラーの時点で肌から浮いてもOK

シミにコンシーラーを塗って、ぼかした時に「肌の色とあまりに違う…。」と不安を覚えた経験ないですか?私は、あります。

このままだと、収集が付かないのでは?と思って、コンシーラーを使うことをやめた経験あり。でも、これが正解なんです!

結局のところ肌色にあったリキッドファンデーションで、ぼかすので問題なかったみたい。

コンシーラーはリキッド前使いで、シミ・そばかすを帳消しにしてくれる♪

苦手意識のあったコンシーラー。原因は、塗る順番を間違えていたことです。また、気になる箇所にコンシーラーを乗せて、周りではなく、患部を永遠にトントンしていたこと。

茶色いシミを隠すためにも、コンシーラーの購入を導入したいと思います♪

 

ベースメイク