一重が外国人風アイメイクに挑戦した話し。ほり深メイクに必須のクリースが分からなかった。

2018年4月24日一重メイク

一重でのっぺり顔を外国人風にしたかっただけなのに!

YouTubeでみた外国人風メイクを見て、こんなにホリが深いメイクができるのか!骨格レベルで違うやん!と感動したのでさっそくチャレンジしてみました。そして失敗して話です(笑)


スポンサーリンク

外国人風メイクのポイントおさらい!

今回メイクする場所がアイメイクです。またノーズシャドウも工夫するやり方になります。
アイメイクでホリを深くするなら、シェーディングをする。
へっこますところは、シェーディングを入れる。出て欲しいところはハイライトを入れる。

これがいけなかったのかもしれない。もちろん技術がなさすぎるのが原因だが。

まずはこの下手くそな図を見てくれ!!

これは目をつぶった状態の絵です。で、この赤色に塗りつぶされている部分がありますよね?この部分をシェーディングしていきますよ。
これはクリースと呼ばれる部分で、眼球とまゆげの下の骨の境目のことを指します。
ここをシェーディングすることで、引っ込めて見せます(色の錯覚でね。)

一重の方はこの部分が難しく、ぶ暑いまぶたの肉が邪魔をしてくるせいです。
私もパッみでは分かりませんでした。一重マジつらみ。

一重さんだとクリースが見つからない?なら綿棒を使え!!

クリーズ?はてなって感じでしたが、ここを見つけられなければ外国人風アイメイクが完成しないとのことで頑張って探してみました。ヒントは、眼球と眉毛の間にある骨ってこと。ここを探ればクリースは見つけらえます。

眼球の抑え過ぎには注意!!

眼球、まぶたの皮膚はデリケートな部分です。
今からする外国人風メイクに限らず、目元のマッサージもやりかたを間違えたら目にダメージを与えることになりかねません。
眼球付近を触っていて、目を開けていても丸いものが見える。青く見える場合は眼球が「やめてー。力入ってるから!」って言ってるのと同様です。
この現象が起きたらもう、今日はやめとこう。潮時だって思ってください!!

眉毛から眼球に向かって綿棒で確認だ!!

優しく、眼球を傷めないように注意しながらしてくださいね。
綿棒を顔に垂直に、突き刺す形でもちますよ。
そして、眉毛の真ん中に軽く綿棒を差し込んでください。
硬い骨に当たりませんか??見つかりずらい場合は、綿棒を差し込んだ状態で軽くまばたきすることをおすすめします。
二重線のようなものが、現れるはず!

それでもダメならなりたい二重幅を無理やり作ってしまえばいい!!

クリースが分からなくても、ここが二重ならなぁー。て幅を決めればそれでいいと思う。そこをクリースとしてメイクをしていけば大丈夫!

クリーズの説明で疲れたので、次回から本格的な外国人風メイクにいきたいと思います!

第一回 一重が外国人風アイメイクをして失敗した話。

第二回 一重が外国人風アイメイクをして失敗した話。

第三回(完結)一重が外国人風アイメイクで、クリース部分のカラーをミスって失敗した話。