ブルベがパーフェクトスタイリストアイズ12が最高だと思った3ポイント!

プチプラコスメ, アイメイク, 一重メイクアイシャドウ, キャンメイク

ブルベがパーフェクトスタイリストアイズ12を使って大満足したって話し!

ブルベがパーフェクトスタイリストアイズ12 ドリームフラワーやりよる!
見た目は奇抜だけど、ブルベ一重の自分にめっちゃ馴染むパレットだった。
買って少なくとも一カ月以上経過して、使い方をマスターしてきたので記事化します。


スポンサーリンク

めっちゃいい点は3つで、青みピンクがいい、ラベンダーカラーがいい、締め色がいいってのがポイントです。
で、どう考えても季節が春夏向きだろ!って思ってたけど、秋、下手したら冬でも使えるかも?って点を中心にお伝えします。

パーフェクトスタイリストアイズ12のピンクが好き!

ピンクアイシャドウのピンクって、こういう色が多くない?
THEピンクって自己主張が激しいタイプ。これは確実に腫れぼったくなるタイプ。

でもパーフェクトスタイリストアイズ12のピンクは桜色って感じ。
ニュアンス程度にもできるし、主役にもできるちょうどいいカラー。

アイホール全体に!ってよりも下瞼を輝かせる役割でつかってます。

パーフェクトスタイリストアイズ12のラベンダーカラーが最高!

一重、ブルベ共に相性がいいと、個人的に思っているラベンダカラー。
流行ってラベンダカラーって結構出てると思うんだけど、くすみ取りとかニュアンスカラーって感じでアイシャドウとして意味なしてる?ってのが多かった。(プチプラでね。)

でもパーフェクトスタイリストアイズ12なら、一重特有の腫れぼったさをなくしてくれる+ちゃんと発色してくれるからメイクしてます感がでて嬉しい。

ニュアンスカラー程度のラベンダーカラーって、上にシャドウを重ねるごとに「え?どこいきました?」てなるけど、これはならない!!

パーフェクトスタイリストアイズ12の絞め色が違和感なさ過ぎた!

この絞め色てバーガンディーカラーよね?ブラウン?バーガンディーカラーよね??
いつもパレットの時って締め色が本当に使えない似合わない。
特にブラウンは、重ねるごとに殴られた感がすごい!

けど、これはめっちゃ馴染む。
長くなったから、この辺のことは前回の記事でどうぞ!

実際にパーフェクトスタイリストアイズ12を使ったメイク!

仕上がりイメージこんな感じ。すごく見せ方が下手で魅力が半減だけどちゃんとブルベさんに特化したメイクになるから!!!

最近はもっぱら、このメイク方法を試しています。
まず、明るいカラーを瞼全体に入れます。
白っぽいので眉毛もぎりぎりまで入れるとちょっと違和感を感じるからそこは微調節が必要です。

ラベンダーカラーを目尻側に!

次にラベンダーカラーを目頭側に乗せて、内側に内側にぼかしていきます。この時「ヤベ、ラベンダーカラーが強すぎたぜ!」って時は明るいカラー、もしくはパウダーファンデーションをかるーーくはたきます。

バーガンディーカラーを絞め色に!

でバーガンディーカラーを目尻側のほそーーーく入れます。
目尻側だけ開いた状態でも見える状態に入れます。
注意点は2つ!

絶対に目頭側に入れない!
太く入れない。目が開いた状態(目尻から4mm)程からはみ出ない。測ってみました(笑) です。
あと入れる範囲は、黒目の淵よりも外側に!内側に入れたらもう、殴られたみたいになっちゃうから!


スポンサーリンク

締め色をどの範囲まで入れるかって話し。

一重って二重の幅とか、骨が、クリースがって言われても「そもそもないんだけど?」ってなるよね。
色を重ねるたびに濃いわ!ってなるなら、黒目より内側にアイシャドウを入れないようにした方がいいと思います。

下瞼にはピンクカラーを目頭の下側にちょっと入れます。
一番真ん中のキラキラしている部分は、ちょっと若すぎるからいまのところあまり出番なしです。
下瞼にちょろっと気持ち程度に入れてる程度にしてます。

わっかい子なら、どんどん使ってほしいよね。って感じで品の良いブルベでも似合うアイシャドウを楽しんでいます。


スポンサーリンク