赤ら顔はチークがいらない?→立体感がなくのっぺりした印象に…。

2022年6月5日ベースメイク

赤ら顔はチークがいらない?→立体感がなくのっぺりした印象に...。

赤ら顔だと、ぶっちゃけ「チークいらないんじゃない?」と思っていました。しかし調べたところ「チークを塗らないと顔がのっぺりとした印象になってしまう」ことが判明しました。

実は、チークは顔に奥行きを出してくれるメイク場所。なので、チークをしないと平面的な顔になってしまうんです。

でも、また新たな問題が「じゃぁ何色のチークを使えばいいの?」ってこと。赤ら顔におすすめされているチークも調べました。

赤ら顔、チークが発色しない原因

乾燥、炎症、皮膚が薄くて自分の血管が透けているなど、原因は人によって様々。でも、チークを乗せても色が出てくれない問題は一致しているはず!

赤ら顔のチーク選びが難しい原因

赤ら顔は、ほっぺ周りだけが「赤く」発色してしまうこと。

なので、透明感を出そうと思って、淡いチークを塗っても「本当に塗ったのか?」と感じるし、かといって重ね付けすると「濃すぎてケバい」印象になってしまうんですよね….。

赤ら顔でもチークが必要な理由

結論から言うと、赤ら顔でもチークは必要です。チークの役割は血色感を出す以外にも「顔を引き締める」シェーディング的な意味も含まれているんです。

ベースを塗って、肌トーンを均一に!で、終わってしまうとメリハリのない顔に…。そこにチークで色を乗せることで、凹凸のある立体感が手に入ります。

赤ら顔におすすめのチークカラー

  • 青みピンク
  • 白+ピンクカラー
  • パープルカラー

青みピンクは赤色を打ち消す効果が!

青色が顔の赤部分を消してくれる効果が期待できます。色白さん、ブルべ夏さんにおすすめ♪

白+ピンクカラーは万能に使える


無難に使えるのが白みを帯びたチークカラー。自分の赤ら顔を活かして、ふんわりと仕上げてくれる効果が期待できます。チークを乗せると赤黒くなる、濃すぎるという方におすすめ♪

パープルカラーは透明感UP

赤ら顔を抑えつつ、透明感を引き出してくれるカラー。チークを目立たせたくないときにも使えますよ。

赤ら顔でもチークは必須♪

どうせ発色しないし、チークはいらないと思っていましたが、チークはシェーディング的な役割をしてくれることが分かりました。

それにチークって、顔の形(面長から理想の卵型へ)を唯一自然に変えられる箇所!やはり、チークは必須なんだと感じました。

赤ら顔に、おすすめのチーク色は青みピンク・白+ピンクカラー・パープルカラー。