ナチュールバイタルブラック・ワインレッドを使ってみた感想!

2020年3月25日

ナチュールバイタルはクチコミが高いヘアカラートリートメント。
ブラックとワインレッドを試したレポになります。
ヘアカラーはもちろんのこと意外とトリートメント効果が高かったです。

試した髪の状態

・ヘアカラー済み
・ブリーチなし
・ロングヘア
・乾いた髪&濡れた髪でレビュー

ナチュールバイタルを購入したきっかけ

ナチュールバイタルに期待したこと

・ヘアカラー済みの髪がどれだけ染まるの?
・ナチュールバイタルで黒髪にできる?

プリン化が進んでいたので、どうにかしたくて購入しました。
いっそのこと髪を黒髪にしようと思いブラックをひとまず試してみました。

ブラックは髪の金髪化を食い止めてくれる

ブリーチなしの髪に試した結果、毛先や傷んだ部分に特に効果があると感じました。
ヘアカラー後って毛先から色が抜けていきますよね?
それを食い止めてくれたと思いますよ。

ナチュールバイタルブラックがおすすめな人

ブリーチをしてブラックを試すともっと黒髪を再現できると思います。
プリン化、金髪化をなんとかしたい!カラーのトーンを落としたい!という方におすすめです♪

ナチュールバイタルのブラックはそんな髪に使うのがいいと感じました。

[the_ad id="11053″][the_ad id="11671″]

実際にナチュールバイタルブラックを試した結果

ヘアカラーで傷んだ髪やブリーチした髪ほど染まるというこちらの商品。
私の場合はヘアカラーとコテで傷みまくっていたので、どれだけ染まると結構期待していました(笑)
傷んだ方が効果があるって最高ですよね。

金髪っぽくなっている髪が、茶髪並みの明るさになりました。

毛先の金髪化やコテで金髪、アッシュ系になってしまった髪を茶髪してくれたので助かりました♪

ワインレッドはほのかに染まる理想カラー

 

このカラーはすごくいい!ちょうどよい深みのあるレッドカラーになります。
レッドだと派手すぎると思いますがワインレッドなら本当に主張しすぎず地味過ぎずな感じになります。

ワインレッドがおすすめな人

染めた時はあまり存在感ない?と思ったのですが、陽の光に当たるとワインレッド色!と分かる感じです。なので、こっそり染めたいという方にも向いているかもしれません。

ナチュールバイタルの使い方、注意点4点!

ナチュールバイタルの使い方

・ブリーチした方が染まりやすい
・乾いた髪の方が染まりやすい
・手袋、タオルなどきちんと準備が必須
・付着したらすぐにふき取る

実際にナチュールバイタルを使った総合的な意見を紹介しますね。

ブリーチした方が染まりやすい

私はブリーチなしのヘアカラーした状態で試しました。
ブラックもワインレッドもがっつりカラーされるのではなく、ほんのりと色づく程度でした。
(特にワインレッドは)

もっとがっつりカラーを入れたい!という方はブリーチ必須かも…。

乾いた髪の方が染まりやすい

乾いた髪の方が色の浸透率が断然にいいです。
ただ乾いた状態だと髪に塗りにくいというデメリットも。

最初は乾いた髪でカラーを入れて、毎日トリートメントするというルーティーンが個人的にいいと感じましたよ。

手袋、タオルなどきちんと準備が必須

ナチュールバイタルには手袋やケープが付属されていないので自分で用意する必要があります。
私はめんどくさくて用意しなかったですが後悔することに….。

手ががっつりワインレッドに染まってしまいました。
体に害はないと思うし痛みやかゆみは全くでませんでした。
でも、恥ずかしいくらいに染まるので周辺環境は調えておくべきですよ。

付着したらすぐにふき取る

色ががっつり残ってしまうので、付いてしまったらすぐにふき取りましょう。
私は洗面台の一部をワインレッドに染めてしまいました。

おすすめはお風呂場。
まずは床や壁などナチュールバイタルが付着しそうな場所をシャワーで流します。
そうすると万が一、液が垂れてしまっても洗い流すだけでスルンと落ちます。

あとカラーし終わったときのタオル。
汚れてもいいものを使うといいかも♪

[the_ad id="11672″][the_ad id="11053″]

ナチュールバイタルってどんな商品?

ナチュールバイタルのカラーは4色展開!

カラー展開はワインレッド、レッド、ナッツ、ブラックです。
レッドは真っ赤というよりはフェミニンな赤色に♪ナッツは自然な茶髪になれますよ♪

こちらの商品は黒髪には効果がありません。ヘアカラーをした髪やブリーチをした髪に使うと綺麗に髪が染まります。

まとめ

ブリーチをせず使用しましたが、効果はありました。特にワインレッドはおすすめ!
染めました!とならずに、かすかに染まる。という感じでした。
ブラックは、てっきり黒髪になってくれるのかと思いきやそうではなかったようです。
でもキンキンになってしまったヘアカラーを落ち着かせてくれる商品ではありました。

タグ ヘアケア







//人気記事のカウントを増やして保存 savePostViews($post->138); //記事のpost_idを引数に入れる ?>