面長改善メイク!アイメイクからシェーディングのやり方まとめ

2019年11月4日

面長改善メイク!アイメイクからシェーディングのやり方まとめ

面長メイクが気になったので調べる。
眉毛、アイライン、アイシャドウ、チーク、シェーディング、ハイライト、リップ
に一工夫加えるだけで、面長が改善されるんだって。

前編はメイク方法、後編は実際に試した感想をお届けするよ。
面長を改善して美人になりたい!

面長ってどんな顔の形?

このブログでも面長については、けっこう取り上げています。
目と口の距離長い人を指します。
印象としては大人っぽい、言い方を変えると老けて見えるともいう。

眉毛

面長に限らずメイクで印象がガラと変わる眉毛。
面長を解消するなら、並行眉。段差はつけないに限る。
並行眉のポイントは下のラインをまっすぐにすること。
描き始めはしたのラインをとってからの方がキレイに仕上がる。というか全体的なレイアウトがはっきりするから下からの方がいいと思うよ。

ペンシルでなくてパウダーで

パウダーで下の眉毛を描いていきます。
そしてアウトラインが決まったら、真ん中、毛が足りていない箇所をペンシルで埋めていく。
仕上げに眉マスカラで整える。

この手順が逆だったもんで一重面長ビックリよ。
もしかして常識だったり??

アイシャドウは横を意識

面長を改善するならアイシャドウに限らず、意識は横横横!
アイシャドウで横幅を出したいなら、目尻側に濃い色を乗せること。

さらに面長はタレ目にすることで解消できるみたい。
なんでもタレ目にすることで、目と唇の距離が僅かながらに縮むから。
ミディアムカラー、締め色、ハイライトの三色使いでOK。

下まぶた重視

面長にとって下まぶたのアイメイクは超重要。
下まぶたにも締め色を入れる。
黒目の下くらいまで、結構ガッツリ乗せる感じ。

下まぶたにアイラインを入れないから、アイシャドウでラインを入れるイメージでOK。
最後にペンシルアイライナーを黒目の下だけに入れるのがポイント。

涙袋も超重要!

涙袋は偽造。
涙袋のラインにペンシルでササっと書き足し綿棒でぼかす。

アイラインは長め

眼のふちぐらいまで長めに。
目幅を出すためにアイラインは長めにとることが必須。
で、タレ下げてタレ目風に見せますよ。

チークは楕円形

黒目の下から広い範囲っていう可愛らしいチークはあんまりらしい。
それよりも、小鼻の横から楕円形、もしくは逆三角形に入れるイメージで。

チークのスタート地点は目の下指一本分くらい。

リップ

リップは山の部分を書き足す感じで。
ペンシルでふちどると違和感がない。

シェーディング

顎先オデコをとにかくシェーディングで隠していく。
こめかみ付近には入れないらしい。

ハイライト

ハイライトは、おでこの中心。
鼻の付け根の始まりらへん。
あとは、目の下に横に入れる感じ。

箇条書きにまとめた。
ザっとこんな感じ。
次は実際に面長がこのメイクをしてみた感想。
次回の方が詳しくメイク方法書いてあるよ。
今回は、あくまでもこんなメイク方法って感じ。
結果から言うと、めっちゃ良かった。