低気圧による頭痛・耳の不調は天気痛が原因!予防&解決策を紹介!

2020年7月17日

低気圧による頭痛・耳の不調は天気痛が原因!予防&解決策を紹介!

低気圧や雨の日って頭痛や体の痛みなどの不調がでますよね。
「いつものこと」「気のせい」ではありません。

これらの症状は天気痛と呼ばれる症状で約1200万人もの人が悩まされているんです。
この記事では、天気痛の説明、メカニズム、予防法を解説していきますね。

10人に1人が悩む天気痛って?

低気圧 頭痛 天気痛 
天気痛とは天気が悪い日、低気圧の日などに体調が悪くなることを指します。
具体的には以下の症状が現れます。

天気痛による3つの症状

・気圧の変化で耳が痛くなる
・気圧の変化で頭が痛くなる
・体が痛くなる

気圧の変化で耳が痛くなる

低気圧 頭痛 天気痛

気圧の関係で耳が痛くなる症状が現れます。
耳という器官は気圧の変化に敏感に部分。
そのため耳の不調を感じる方が多いです。

気圧の変化で頭痛がする。

低気圧 頭痛 天気痛

気圧の変化を感じると体が反応を起こし、自律神経が乱れます。
血管を収縮させるため頭痛に繋がると考えられています。

体が痛くなる

低気圧 頭痛 天気痛
天気が悪い日に、昔けがをした部分が傷みが出る場合があります。
特に関節の痛みを感じる方が多く、体の不調に繋がります。

天気痛が予防しにくい理由

低気圧 頭痛 天気痛

天気痛は低気圧が原因で起こります。
しかし低気圧は気温や湿度とは違い体で変化を感じにくい特徴があります。

さらに気温のように「明日は暑くなる・寒くなる」といった情報が得られにくい点も問題です。
しかし最近では、薬、グッズ、天気予報から天気痛を防げるようになりました。
次からその予防法をお伝えしますね。

予防はウェザーニュースの気圧チェック機能を使おう!

ウェザーニュースは天気予報をお知らせしてくれるアプリ。
気温の他に気圧をお知らせしてくれる機能を搭載しています。

何と天気痛が発症するリスクを6日先まで予想してくれる優秀アプリ。
あらかじめ「頭痛がしそうだ」と分かるので対策がしやすい点がポイントです。
無料で利用できる点も嬉しいですね。

[the_ad id="13148″][the_ad id="13147″]

解決は薬テイラックを使おう!

低気圧に伴う不調は頭痛が最も多い症状ですが、他にもだるさやめまい、むくみなど様々な症状があります※1。
「テイラック」は漢方の「五苓散(ごれいさん)エキス」を有効成分としており、気圧変動による体内バランスの乱れに伴う低気圧不調症状の多くに作用し和らげます。

引用元 小林製薬

小林製薬からは天気痛に効く薬を発売しています。
低気圧による頭痛の他、めまい、だるさ、などにも効果的とのこと。

どうしよもなく辛い時はテイラックの力を借りましょう。

低気圧による体の不調は楽にできます!

低気圧 頭痛 天気痛

梅雨時期の体の不調の正体は天気痛が原因です。
「いつものこと…。」と放置せずに、対策することは可能ですよ。

低気圧が原因の体のだるさに悩んでいる方の力になれたら嬉しいです。

梅雨時期の体、顔のかゆみに悩んでいたら、この記事が役に立つかも♪

梅雨に体・顔がかゆい原因と予防・解決策を紹介!

関連記事