【都会に疲れた】人混みの多さがツライは脳がストレスを感じるから!

2020年5月23日

【都会に疲れた】人混みの多さがツライは脳がストレスを感じるから!

「都会に疲れた…。」と感じることがありませんか?大学進学のため、就職のため上京したはいいが、想像よりもしんどいと悩むことありますよね。
ネット上のガールズちゃんねるでは、そうした都会に疲れた女性の書き込みが…。

・人が多すぎて疲れる
・満員電車が苦痛
・星空が見えない

といった、どこにいっても人であふれかえって心が休まらない方が多い印象。
この記事では、「都会に疲れたと感じる瞬間」「都会で良かったと感じる瞬間」「人混みストレスの原因」をお伝えします。

「都会に疲れた…。」どんな時に感じる?

圧倒的に多かった意見が人が多すぎるというものでした。

歩きスマホの歩行者にぶつかられる、満員電車で窮屈な思いをする、みんなの余裕がない
など、いつまでも気が張り詰めている雰囲気がストレスに感じることが…。

またホっとしようと星空を眺めても明るすぎて星が見えないなど。
自分なりのストレス解消が見いだせない方も多くいらっしゃいました。

疲れたから部屋でゆっくりテレビでも見よう♪おいしいごはんを食べよう♪となる気持ちさえも奪われているようです。

「都会でよかった!」どんな時に感じる?


一方で都会にいて良かった!と感じる方もいらっしゃいました。
「東京に出て頑張るぞ!」と野心に燃えてギラギラしている人は、都会の刺激が心地よいとのこと。

また一人で行動しても咎められないとの意見も。
良いも悪いも自由でいられる点が都会の良さと言えますね。

人混みが疲れる原因は?

都会で疲れる理由でも最も多かったのが人ごみに疲れるでした。
満員電車だけでなく町中に人が溢れていることがストレスの原因になっています。
そもそも、人混みで疲れる原因にはなにがあるのでしょうか?

人混みが疲れる原因2つ

・外部からの刺激が強すぎる
・視界に人が入りすぎる

外部からの刺激が強すぎる

人混みって話声や笑い声、それにクラクションの音など騒音であふれていますよね?実は、聞こえていないように見えても体はしっかりと刺激を受け取っているんです。

刺激が多い分、注意散漫になり体のバッテリーが知らず知らずのうちに減っている状態になっているので疲れてしまうんです。

視界に人が入りすぎる

目の前で転んだ人を見て、「痛そうだな」と感じたことがありませんか?実は人間は目に入った人の行動に共感する習性があります。なので実際には転んでいないのに、転んだように共感してしまう現象が起きるのです。

人混みだと、この無意識に人に共感する対象が多く脳がオーバーヒートしている状態になります。そのため人混みがしんどい、つらいと感じるのです。

都会疲れは有効なリフレッシュ法で解消♪


都会に疲れた…。といっても生活もあるので、簡単に故郷に帰ることってできないですよね?
そんな時はリフレッシュ方法を見つけることが重要かも♪

疲れたけど、リフレッシュして明日から頑張ろう!という方法を見つけることが大事!
アロマ、ストレッチ、食事、ショッピング、そして、涙を流すことも有効な手段。
心が限界を感じてしまうその前に心のデトックスを行ってくださいね。

//人気記事のカウントを増やして保存 savePostViews($post->138); //記事のpost_idを引数に入れる ?>