界面活性剤は危険?肌の○○○を破壊するってマジ?

界面活性剤が配合されている化粧品危険とよく聞くけど、そもそも界面活性剤ってなに?と思いますよね?
実は界面活性剤は肌のバリア機能を奪ってしまう可能性が…。
界面活性剤が肌に与える危険について詳しくお伝えしますね。

界面活性剤の役割

化粧品やスキンケア商品の「肌の奥にまで浸透するから効果がある」というキャッチコピーを聞いたことがありませんか?
確かに界面活性剤は、肌の奥底まで有効成分を届けることができます。
しかし、界面活性剤は肌のバリア機能を壊すことで効果を可能にしているのです。

肌はウイルスなどから身を守るためにバリア機能が備わっています。肌が水や汗をはじくのはそのため。
健康な状態の肌をわざわざ壊してしまう界面活性剤は危険だと言えるでしょう。

界面活性剤は乾燥肌を加速させる

界面活性剤は、角層内にあるセラミドを流出させてしまいます。
セラミドは保湿成分なので、このセラミドが少なくなると乾燥が進む結果になってしまいます。

さらに肌を健康に保ってくれる常在菌をも排除してしまうので、肌の負担がますます増えることに…。

界面活性剤は表示で確認

スキンケアや化粧品のパッケージの裏の成分表を見ることで、界面活性剤のありなしを調べることができます。
シャンプーや洗剤に多く含まれているのでチェックしましょう。

  • 陰イオン界面活性剤
  • 陽イオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • 非イオン界面活性剤

書籍 「賢い化粧品の選び方」より

//人気記事のカウントを増やして保存 savePostViews($post->138); //記事のpost_idを引数に入れる ?>