【面長が解説】下まぶたメイクの方法・アイシャドウ色選び方【ベージュ】

2021年12月8日アイメイク

【面長が解説】下まぶたメイクの方法・アイシャドウ色選び方【ベージュ】

リアル一重・面長が欠かせないアイメイクが下まぶたメイク。一重面長以外でも、顔のバランスをメイクで整えたい!中顔面を短縮したい!という方にも超おすすめです。

でも、意外と下まぶたメイクのやり方ってないんですよね…。そこで実際に私がメイクして「これは効果がある!」と感じたメイク、アイシャドウの色をシェア。

下まぶたメインで一重でも可愛く

一重さんの場合「アイシャドウ意味ない」「自分のまぶたのお肉でアイシャドウが隠れる」「塗り重ねる」ほど汚くなる」といった悩みありませんか?

無理に上まぶたメイクをするよりも下まぶたをメインにする方が可愛くなりますよ。

上まぶたよりも下まぶたメイクに力を入れた方が、アイメイクの効果がでます!

下まぶたメイクのコツは陰影をしっかりとつけること

下まぶたメイクは、

  1. マットなベージュOR薄いブラウンを下まぶた全体に塗る
  2. 涙袋にラメを乗せる

で完成です。いかに、目の下のアイシャドウで色の差、陰影をつけるかが成功のカギ。特に下まぶた全体に入れるマットなアイシャドウの色選びがかなり重要となります。

上まぶたはサラっと、下まぶたにこそ力を入れて♪

下まぶたメインで印象はどう変わる?

  • 面長緩和
  • 顔のバランスが取れる
  • 涙袋メイクが映える

下まぶたにアイシャドウを乗せることで、顔の重心が下に。なので、顔のバランスが取れ特に面長さんにおすすめです♪また、涙袋メイクを違和感なく取り入れられるので可愛さUPにも繋がりますよ。

こんな方におすすめ!
  • 可愛くなりたい
  • 一重さん
  • 面長さん

下まぶたメイクで選ぶべきアイシャドウ

下まぶたメイクで選ぶべきアイシャドウ

  • マット
  • ベージュ
  • くすみピンク
  • 薄いブラウン

質感は絶対にマット

下まぶたメイクをする際に選ぶのは絶対にマット!「私の目はここまであります(本当はない)」を偽装するので、引っ込んでみえるマットを選んでください。ここで、ラメを選んでしまうと涙袋のプックリ部分に乗せるラメと混ざって効果が半減します。

色はベージュOR薄いブラウン

ベージュはオレンジを含んだ色ではなく、グレーを含んだような寒色系がおすすめ。薄いブラウンでも代用OK。でも、濃すぎると「目のクマ」感が出るので注意。

イメージは、アイブロウパウダーの薄い方の色!

くすみピンクが意外と使える

目の下メイクでやりがちなこと、「目の下にベージュを塗り過ぎた!」て時にピンクベージュを塗ると失敗がなかったことになる。また、この色を涙袋のプックリ部分に塗ると可愛い♪ラメを乗せているワケではないので、すごくナチュラルに盛れる。

下まぶたメイクが盛れる

肌なじみのいいベージュを選ぶことで、「やりすぎ感」が緩和されます。またベージュアイシャドウはまぶたのくすみを取り除いてくれる優秀カラー♪

涙袋にラメを入れてもいいし、くすみピンクでナチュラルさを目指しても可愛く仕上がりますよ。アイシャドウを塗り広げると逆に目が小さく見える私のような一重には、この方法がマジでおすすめ!

2021年12月8日アイメイク面長メイク