【オイリー肌が解説】化粧水の選び方5ポイント

スキンケア

【オイリー肌が解説】化粧水の選び方5ポイント

夏が近づいてくるこの季節。オイリー肌にとっては恐怖です。なぜなら肌がテカってメイクが崩れてる可能性が高いから。あと、年齢のせいかテカるとほうれい線が目立つようになってきたんです。

そこでリアルオイリー肌の自分が、化粧水の選び方を解説します。自分がテカリを改善できたのはスキンケアの見直しです。化粧水をしっかりと選んでテカらない手助けができれば嬉しいです。

Left Caption
オイリー肌に悩んでいた自分の経験を元にお伝えするよ。

オイリー肌さんが選ぶべき化粧水の条件

  1. しっかり保湿してくれる
  2. べとつかない
  3. オイルフリー
  4. テクスチャーがさらさら
  5. ビタミC誘導体入り

長年オイリー肌で悩んでいた自分が見つけた条件がコレです。調べたところビタミC誘導体ってテカリに効果がある成分みたいですよ!美白だけじゃなかったんだ!

あと毛穴ケアすることでオイリー肌を改善する方法もアリ。オイリー肌は油分が多く毛穴をふさぎがち。なのでテカリと同時にニキビもできやすい。そんなイヤな肌質なんです。

オイリー肌でも保湿は絶対!

化粧水はオイリー肌でもすると思うけど、乳液していない人って多いと思う。実は過去の自分も「乳液をするからテカるんだ!」と思いしてないこともあった。でも、肌の赤み、炎症といった症状に悩まされることになるのである…。

肌がテカる!のメカニズム

テカリの原因に保湿不足があります。こうなると肌が「保湿が足りないから油分を出そう」と頑張り、結果的にテカリにつながるメカニズムが誕生します。

べとつかない

オイリー肌にとってベトつく化粧水って本当にナシですよね。私が一番初めに使ったのが肌ラボの極潤。もうべったべたで髪がほっぺに張り付くし最悪だったので、化粧水=ベトつくのイメージがついてしまったんですよね。本当に肌質にあった化粧水選びって大事よね…。

なのでオイリー肌さんが選ぶなら、断然にべとつかないタイプがおすすめです!

オイルフリーはオイリー肌さんの強い味方

ベトつきの原因=油分なので、オイルが入っていない化粧水はテカりとは無縁です。自分が油分過剰なのか油分が足りてないからオイリー肌なのか分からない!って方はオイルフリー化粧水がおすすめです。

オイルフリーはとろんとしていなく、水のようにバッシャバシャ使えるのがポイント。使った感想は、肌への浸透が早いので乾くのも早いってこと。必要最低限の保湿のみします!って感想だったな。

ビタミC誘導体入り

ビタミC誘導体入りはテカリに効果があるとのこと。たまたまビタミC誘導体入り美容液の口コミを調べていたんだけど。テカリが気にならなくなったという口コミが多いことに気が付いて調べたの。そしたら、やっぱりテカリに効果があるんだって!

 

スキンケアテカリ