【不器用すぎて辛い人】特徴・楽な生き方

不器用すぎると生きるのが辛いですよね。周りはサクサクとこなせることが「どうして、自分はできないんだろう。」と私自身悩んだことがあります。

楽に生きるコツは、不器用な自分を受け入れて、つまづきポイントを見極めること。それに意外と不器用=メリットな場面ってあるんですよ。

考え方を変えるだけで、だいぶ生きやすくなったよ。

要領が悪い人の特徴

要領が悪い人の特徴はコレ
  • スピード感がない
  • 考えすぎる
  • 空気が読めない

要領が悪い人の特徴、あるあるをチェックしていきます。「自分ってちょっと周りとズレてる?」「いや、そんなはずはない」と思い込んでいると、どんどん生きるのが辛くなりますよ。

不器用でも楽に生きられる方法はあります。まずは、どんな特徴があるのか見ていきましょう。

スピード感がない

一番に言えるのがコレ。スピード感がない。
仕事の指示でもなんでも、周りはスンナリとできる作業がうまくできない。または人よりも遅いと感じました。

要領がよくないので人と比べると、どうしてもスピード感が劣ってしまうんですよね。

考えすぎる

考えすぎて前に進めないこともよくありました。「こう言ってるけど本当はこうじゃないか」と変に深読みしすぎる傾向が。

なので余計なことを考えて集中できないとなってしまうことも…。

空気が読めない

失礼な発言やデリカシーの無い言葉の空気が読めないではなく、空気を読みすぎて場がしらけてしまうなんてことないですか?

誰かが傷つく言葉などに反応し、フォローをしたつもりが裏目に出るなどがあります。

不器をやめる方法はコレ

不器用な自分を受け入れて自分を優先的に大切にすること
自分のことよりも周りがどう思っているか、相手に不快な思いをさせていないか?が気になる傾向があります。そのため、自分以上の重荷を背負うことになりキャパオーバーになりがち。

それが、不器用という形で現れるパターン。本来ならできることも余計なことを考えるあまり失敗するので自分本位が大切ですよ。

不器用な人が楽に生きるコツ

自分の味方を作ることで精神的に楽になります。自分の不器用さを理解してくれる人が一人でもいると、変に気負わずに生きることができます。

「自分は不器用だけど、不器用なりに一生懸命にがんばっている」気持ちを少しずつ周りに伝えるのがコツですよ。

実は不器用はこう評価されています

不器用な人は「自分はダメだ」と思いがち。なので、人よりも何倍も頑張りすぎる傾向にあります。必要以上日力んでしまうプレッシャーに感じてしまう経験ありませんでしたか?

一見すると不器用は生き抜くいと感じるかもしれませんが、言い換えると「真面目」「慎重」というメリットになるんですよ。意外と周りから高評価を得ている可能性があります。

自分なりのペースで生きていくことが大事。

//人気記事のカウントを増やして保存 savePostViews($post->138); //記事のpost_idを引数に入れる ?>