ライターあるある!契約と内容違いませんか?

2017年11月25日

今日は私の仕事、ライターあるあるを勝手に記事化します。
ライターといっても、貧乏ライターなのでそれなりのトラブルも多く体験しています。
そんな中から、タイトルにあるライターあるあるを紹介したいと思います!

いや、最初に言われた仕事以外もやらせる気やん!

まぁ、取引が始まると私はこんな内容が書けます。どんなご依頼ですか?的なことから始まります。
大抵はスムーズにいくのですが、中には追加で仕事を要求してくる方もいらっしゃいます。

10中の3くらいの労力でこなせるから受けたのに、これじゃぁ9レベルやん!みたいな(笑)
分かりにくくてすいません。つまりアルバイトなのに社員並みに働けっていってるの?って状況です。
追加で注文してくんじゃねーって話ですね。

チームワーク故の逃げられなさ!

大体コンセプトや仕事の進め方を決めていき、後は共同作業って形になります。
私は外注や業務委託という形でクライアントサンとお仕事をする形になります。
そうすると、どういう状況になるかというと、「あ、じゃぁこの仕事も頼もうかな。」とライター以外の仕事も舞い込んでくる。という悲惨な状況になるんです。
気の弱い私は断れず、とゆーか隣で狂ったようにキーボードをたたいている人がいる前で断れねー。って空気になります

あんたん所の社員でもなんでもないんやけどなぁー!

いや、社員にやらせろよ!って仕事も舞い込みます。
大抵エクセルを使ったなんかよー分からん作業や。エクセルが破壊的に使えない私にとってはコレがいや。
いや、文章書くだけの契約やったんちゃうんかーい!ってなったことがあります。

在宅っていいよね!

こういう経験が重なると在宅でいいよなってなります。
決められた量しか仕事をしなくて済むからです(笑)
でも在宅もいいけど、やぱりどこか毎日オフィスに行ってきちんと対価を貰いたい。という思いも出てきます。
在宅って、簡単なプロの方のおこぼれ的な部分しか受け持たせてくれない部分があるからです。

結局自分の意志を伝えること!これ重要!

経験がない場合は、相手のいう条件を丸のみにするしか道はない!そんな感じでした。
けどある程度スキルがたまると、前はこんな仕事してたよー。だからこれならできるよー。的な例案ができるように!
そうなれば、仕事の幅も広がってきます。偉そうなことは言えないけども(笑)
とりあえず、何か契約以外の仕事を振られても自分ライターなんで、って言える強さとスキルを手に入れたってお話でした。

まとめ

ライターって目に見えにくい仕事だと思います。他の方にライターやってるって話をしても???ってなられますからね(笑)
後に○○担当しました。○○で仕事してました。って続けるとあーってなってくれるんだけどね(笑)
とりあえず、ライター以外の仕事も強制させそうになることもある、そんな時に頼れるのは自分しかなってことやで!